FC2ブログ

To S.

SHINHWA、Super Junior、SS501など大好きな人たちのことなどを書いていきたいです。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOPSuper Junior T ≫ ロクゴ。

ロクゴ。

インタビュー記事があったので、上げておきます。
少し長いですが、興味ある方は読んでみて下さい

20070221150334.jpg


こんにちは.スーパージュニア Tです!”

初対面から大きく力強い声で爽やかにあいさつを掛ける六男 ‘スーパージュニア T(トロット)’.“一緒にするからどんな緊張感も乗り越える自信感が生ずる”と言うこれらは不慣れな所でも常に明るくて力強い声で自分たちの名前を紹介する.あれほど長く記憶されたい欲心からだ.

そんな彼らが最近 13人で柄を少し減らした ‘スーパージュニア T’という名前に再誕生した.イトックフィチォル川である神童ウンヒョックソングミン 6人がグループ内二番目グループを作って既存子供達グループが試みなかったトロットで歌謡界挑戦状を出した.これらは来る 23日トロットシングル ‘ロクゴ’を発表して子供達グループだけの新しいトロットを見せてくれる計画だ.

“‘シュロト’でアジア一度搖れて見ようか?!”
子供達グループの代名詞であるスーパージュニアがトロットを呼ぶと?人々が首をひねながら信じることができないという反応だ.

子供達グループがどうしてトロットを呼ぶようになったのか.

先にスーパージュニア Tは子供達グループと言う(のは)固定観念を壊したかった.スーパージュニア Tは “子供達グループすれば通例みんなきれいで格好よくてめちゃ可愛いことだけしなければならないと思う”と “子供達グループもその以上の物を見せてくれることができるし 1,20代ではない私は世代を一緒にする歌手になることができるという事実を見せてくれたい”と説明した.

特に彼らはトロットの長所でもっと多い観客たちと一緒に呼吸することができるという点を指折った.踊り動作一つ一つに気を使うよりは観客たちと目を合わせることができるし,また過激なダンスがないからライブ主として歌実力も見せてくれることができる.

もちろんまったく同じなトロットとスーパージュニア Tが歌ってからこそ少し他の感じが付け出した.

“まだ歌が公開されなかったがうちの歌を聞いた多くの方々がスーパージュニア Tだけの風変りなトロットと言いながら ‘シュロト’とおっしゃるんですよ.(笑い) 7,80年代バラードと今のバラードが違うようにトロットに変化して発展します.その中 ‘シュロト’という私どもばかりのトロットが誕生されないか期待します.ハハハ”

あれほどタイトル曲 ‘ロクゴ’にスーパージュニア Tだけの色でトロットをとかし出したという自信感だ.特にスーパージュニア Tは “子供達グループがトロットを呼びかけによってトロット音楽が若者にももっと幅広く愛されるようになってほしい”と “一番韓国的なトロット音楽でアジアを振るという覚悟で歌う”と野心を燃やす本音を明らかにした.

20070221150435.jpg


“6人だから惜しいがもっと幸せだ(?)”
新しいジャンルにいっそう軽くなったメンバー構成だ.6人だから既存 13人のメンバーで半分以上や柄が減った.おかげさまで振付演習時間もうんと減って,移動する時もメンバー全員が一エレベーターに乗ることができるようになった.また食堂を尋ねたりいっそう容易になった.

柄を少し減らしただけなのに楽なことが一つや二つではない.もちろんこんな物理的な長所外スーパージュニア Tになってからこれらが一番好きだった点は友情がもっと仲がいくなったという点だ.

“13人がすべて親しくはあるが人が多いからお互いに対話を交わす機会が相対的に少ないです.ところで 6人になってからこそ本当にお互いの分からなかった粘度分かるようになってした言で友情がもっと仲がいくなりました.また 6人なので一人一人を必ずめんどうを見るようになります.”

他人達は 6人も多いと言うかも知れないがスーパージュニア Tになってからこそメンバーたちの新しい魅力と長所を見つけるようになった.またお互いの本音をもっと打ち明けるようになった.彼らの説明のように非主流で親しいメンバーがいたら今度機会で完全な友情を得るようになった.

もちろんたびたび共にできないメンバーたちが懐かしくなる.たまにガールフレンドにもしそうな ‘見たい’と少しはダックサルスラン文字たちを取り交わす時ならふと彼らは家族がなっているスーパージュニアを見つけるようになる.

“一度は録音終わらせて宿所へ行ったら他のメンバーたちが苦労したと ‘よくできるつもりの’と応援をしてくれるのにどんなにありがたいのか涙がじいんとにじむんですよ.本当に今は本当の家族です.”

スーパージュニアは今度結成されたスーパージュニア Tを除いてギュヒョンリョウック誉声が ‘スーパージュニア KRY’でもう活動の中だ.グループ内グループの結成が常にお互いを押してくれて引いてくれる刺戟剤役目をするというスーパージュニア Tは “誰も最善をつくすが最高になることはできない”と “最高になるグループになる”と期待を頼んだ.

[STAR NEWSより]

どんな曲なのか、聴くのが楽しみですねー
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL