FC2ブログ

To S.

SHINHWA、Super Junior、SS501など大好きな人たちのことなどを書いていきたいです。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOPこんさーと ≫ ヘソン ソロコン in 名古屋

ヘソン ソロコン in 名古屋

20070830101203.jpg


終わってしまいました。
見たいけど、見たら終わってしまうんだという複雑な心境になってしまうのが、最終日の悲しいところですね。

とりあえず、レポとは言いがたいですが、ポイントのみをいくつか。
その他、感想は続きで・・。

名古屋ということで、「味噌カツ食べましたー。美味しかった。」そうです^^

のどが痛いと言ってましたが、確かに声の出はいまいちだったかもしれません。
「最後なので、持っている力をすべて出します」と。

ジフン、来てました。
最後ということで、1曲ソロでも歌ってくれました。「ポゴシプタ」です。

へそん、泣いてしまいました。一日置きのスケジュール、大変だったと思います。
初ソロコン、プレッシャーも大きかったでしょう。
しっかり、最後までやり切ったと思います。
へそん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

へそんが泣いた話。私の感想は続きへと。
お付き合いいただける方はどうぞ。

私の主観で書いてますので、ほかの方の感じ方とは違うかもしれませんが。

「最後」。
この言葉をよく言ってた気がします。
大阪の時とは、明らかに雰囲気が違ってました。
大阪では、「ちぇご」とか「サンキュー大阪」とか言ってたりしましたが、そういうのはあまりなかった気がします。
決して、ペンの盛り上がりが悪かったわけではなく、1曲進むごとに、名残惜しさがいっぱいになっていったんだと思います。
それを一番感じたのが、「同じ思い」の時。
この曲が最後の曲なのです。(アンコールはありますが)
おそらく、歌い出しのタイミングは、へそんがバンドに出すんでしょう。
それが、なかなか出来ずにいるのを、感じてしまいました。
「この曲を歌ったら、終わってしまう」
私自身もそう思ったら、涙が出てしまいました。
歌い終わり、ステージから消えていく時も、笑顔ではなく、すごく切ない表情でした。

アンコールの「Brand New」は、ありがとうと言う気持ちとともに、精一杯、声援を送りました。
客席に水を撒いたり、自分でもかぶってました。
そんなへそんを見るのは、初めてかもしれません。

最後の挨拶のため、バンドとスタンバイと一緒に一列に並んで、へそんがスタッフにお礼を言い始めました。
それが終わりに近づいたところで、バンドのメンバーがセッティングし始めたんです。
で、驚いたへそんが、「みんなで挨拶するんだよー」みたいなことを言っていたら、ライトも消えて、演奏が始まって。
もちろん、私たちペンは、「何?何?」って感じです。
「もう一曲やってくれるのー!?」とか思っていたら、なんとローソクが一本立ったケーキをジフンが運んできました。
へそんは、まったく知らなかったようで、感動で泣いてしまいました。
もちろん、私も。
こんな場面見て、泣かずにはいられないです。
みんなで、お祝いして、顔にクリームつけられてました。
最後は、とってもいい笑顔でした。

いろいろ書き足りない気もしますが、あとの思いは胸の中にしまっておきます。
「忘れないで」と言ってましたが、もちろん、忘れることは出来ないコンサートとなりました。
コンサートは生ものだと、私はいつも思ってます。
同じ曲のステージでも、まったく同じということはないのです。
幸運なことに、東京、大阪、名古屋と、3公演見ることが出来ました。
「幸せな気分にさせてくれて、ありがとう」と言ったへそんの言葉を、そのまま返したいです。
「終わりではなく、スタートなんだ」と言ったその言葉を信じて、これからも応援していきたいと思います。

へそんに出会えたこと、ヘソンペンであることを、幸せに思ってます。
「ありがとう」。
スポンサーサイト



Comment

編集
みかちゃん^^
ヘソンさん、泣いちゃったんだね。。。
6人では慣れたはずの日本でも
1人でやってくって全然違うんだろうね。
最後のヘソンさんの笑顔を見られて良かったね^^
また1つ成長したヘソンさんのますますの活躍を期待してます♪
2007年08月30日(Thu) 16:12
一緒だよ~!
編集
みかちゃん!私もおんなじ事おもって、泣いてたよ~v-406号泣だったよ~!カットゥンの前に最後の挨拶してる時から、言葉をかみしめるように、話す姿や言葉が、最後かもしれないって、へそんの姿や、歌声が聞けないかもしれないんじゃと思うくらい。
でも、彼が言った、これは終わりじゃなく!始まりです!の言葉を信じようと思うよねv-434
スタッフ達のサプライズでは、シン・へソンではなく、チョン・ピルギョとして泣いてたように思うよ。
ひとりの歌手としての、ひとり立ち。大変なプレッシャーと期待で、本国でも日本でもずっと自分にプレッシャーをかけてたでしょうしね。彼のことだから・・・。
ほんとうにお疲れさまでしたと、へそんにスタッフに感謝の言葉を贈りたいね。ぺんになって、ほんとによかった
2007年08月30日(Thu) 18:21
編集
みかちゃんヘソンソロコンお疲れ様でした。
とてもいい内容だったみたいで、今更ながら大阪行けばよかったって。
みかちゃんともあえたもんね(笑)
オーラスだったのかな?名古屋?だったら気持ちもっと違ったはずだから。
でもグループの子達は1人はかなり不安みたいだよ。
日本の子達でさえそうらしいから、韓国から来たヘソンはもっとでしょ。
ヘソンよく頑張りました。ハナマルあげようね。
次は私もみたいなぁ~
2007年08月30日(Thu) 20:16
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007年08月30日(Thu) 22:17
えつこさんへ
編集
はい、へそんさん、泣いてしまいました。
体力的に大変だったのは、もちろん、プレッシャーもかなりあったんじゃないかと、思います。
最後はほんとに感動的で、よかったと思います^^
2007年08月31日(Fri) 10:42
emiさんへ
編集
やっぱり、そうですよね。
あの瞬間が、一番切なかったです。
「カットゥンセンガク」は、もう胸がいっぱいで、ちゃんと聞いていられなかったですv-406
あんな風に泣くへそんの姿は、初めて見ました。
このプレッシャーを乗り越えたことで、次回、もっと成長した、いいステージを作ってくれることを期待します^^
2007年08月31日(Fri) 10:48
rikoさんへ
編集
ありがとうございます^^
大阪も、すっごく楽しかったですよー
参加しなかったのは、もったいなかったですね(笑)
私も、お会いしたかったですー
次回、何か機会があったら、ぜひi-237
2007年08月31日(Fri) 10:51
22:17の鍵さんへ
編集
ありがとー^^
レポ書きながら、思い出して、またウルウルきちゃってたのv-409
ほんとに、シナは最高のグループだよ!
一緒にいなくても、メンバーへの愛を感じるしね。

ミヌコンは、ぜひ参加しようねー
楽しみだね^^
2007年08月31日(Fri) 10:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL