FC2ブログ

To S.

SHINHWA、Super Junior、SS501など大好きな人たちのことなどを書いていきたいです。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOPSHINHWA ≫ Come on over

Come on over

20070613215038.jpg


【ソウル=ニューシース】歌手アイビー(25)とイ・ミンウ(28)がポップスタークリスティ―ナアギーレラ(27) 公演オープニング舞台に上がる.アイビーは 23日,イ・ミンウは 24日に出演する.

[プライム経済]アイビー(朴恩恵)とグループ神話のイ・ミンウ(M)が来る 6月 23,24日来韓公演を持つクリスティ―ナアギレラ来韓公演のオープニング舞台をそれぞれ飾るようになる.

去る 6月 1日から 6日まで公演場点検及び公演に関する会議車訪問したクリスティ―ナアギレラのツアーマネージャー及び舞台監督たちがアイビーとイ・ミンウ(M)のビデオ及びアルバムを皆聞いて見て帰る直前の 6月 10日最終的に舞台に一緒に立つのにあって最終確定を作った.また二人の歌手に “確かに素敵な舞台になるでしょう” と言いながら最善をつくしてくれと言う言葉を伝えた.

今度公演に対してアギレラは、「私の歌は言うまでもなくて映像装備たちとともにビジュアル敵な要素たちが強調した.実際にすごい規模の公演である.Back to Basics Tourは長い間思って来た想像力を実際舞台に移したことであり,一緒に働くダンサー,バンドを含んだツアーチームがとても誇らかだ.」韓国公演やっぱり “Back to Basics Tour”の一舞台であり,まったく同じな舞台をお目見えする.絶対退屈とか退屈な振ることがなしに面白くて見どころが多い.アギレラ本人の衣装を入れ替る回数も 10番(回).「私の音楽を言葉で説明することができないように,公演を一言で説明することはできない.実際に見て感じてくださったらと思う.あなたが住みながら必ず見なければならない公演中の一つ!」と言って面白い舞台になるとアギルレラツックから伝えて来た.

6月 20日から進行されるクリスティ―ナアギレラの back to basics アジアツアーにゲストが立つのはただ韓国舞台でばかり進行される事だからアジア全体でも注目をしているし,他の国で今度オープニング公演が決まるによってプレス要請を問い合わせている中だ.

今度ツアーは新しいアルバム “BACK TO BASICS”の名前と等しいツアー人で 2006年イギリスを始まりに成功的なヨーロッパツアーを終えたし,今年 2月 20日アメリカテキサスヒューストンを始まりに現在アメリカで総 41ヶ都市でツアーが進行の中だ.

“Back to Basics”は言葉とおり “基本に帰ろう”という意味のアルバムでも感じられるようにクリスティ―ナアギレラの音楽の変化とともに今度ツアーやっぱりも “これがちょうどツアーの基本”という新しいパラダイムを提示して,今年世界が注目する最高の公演に評価されている.



クリスティーナ・アギレラのオープニングアクトに選ばれるなんて、すごいですねー
アギレラって誰?って思ってる方はこちらでチェックを。
クリスティーナ・アギレラ オフィシャルサイト
このニュースを、あちこちのシナペンさんのブログで読みましたが、アギレラを知らない人が多いようで。
日本での認知度って、そんなものですかー^^;

私は、K-popに聴く前は洋楽ばっかりでして、デビュー当時から知っております。
よく、ブリトニーとは比べられてましたね。
グラミー賞を受賞するほどの実力派です。
デビューは、1998年。
もう、そんなに前になりますかー
その頃はほんとに洋楽しか聴いてなくて、ブリトニーやアギレラ、Backstreet BoysとかN'SYNC、westlifeなんかも、よく聴いてました。
なので、シナメンなんかが歌ってくれたりすると、うれしいんです。
Mは、ソウルコンでNew Kids On The Blockをやりましたよね。
まさに、私の洋楽好きの原点です(歳がバレますな^^;)

世界にアピール出来るチャンスですから、最高にかっこいいステージが見せられることを祈っております


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL