FC2ブログ

To S.

SHINHWA、Super Junior、SS501など大好きな人たちのことなどを書いていきたいです。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOP東方神起 ≫ 「ひつまぶし」を待ちわびて。

「ひつまぶし」を待ちわびて。

ついに初参戦となりました、東方神起 2nd LIVE TOUR 「FIVE IN THE BLACK」 in 名古屋

初日のみ参加して参りました。
久々のトンコンでしたが、かな~り楽しかったです。
正直なところ、最近はトン離れしてまして、あまり情報などない状態で行ったんですが、えーっと、いつからシアはああいうキャラに?
おやじギャグのあまりの寒さに2,3発・・。
まぁ~それは冗談ですが

今回、レポ(と言えるものになるか、分かりませんが^^;)を書くにあたって、タイトルにすごく悩みました。
例のユノのビックリ事件もあったし(爆)
それ関係にしようかと思いましたが、さすがにやめました(笑)
今日、トンも好きだという「ひつまぶし」を食べてきましたー。
待ち時間が長くて、結構しんどかったですが、美味しかったです。
ということで、こんなタイトルで。

ツアーも後半になっているので、すでに行かれて、内容は分かってる方も多いでしょうが、いちおうネタバレされたくない方は、スルーでお願いします。



シナの時には、考えられないくらいのチケ運の良さで、今回はなんと一桁台の席で見れました。
しかも、結構真ん中辺りだったので、全体が見れてよかったです。

全員で、ダーツをしている映像から。

「ZION」
この曲は、初めてアルバムを聴いた時から、結構好きでした。
ダンスが付くと、やはりかっこいいですね

「Choosey Lover」

「The Way U Are」

これでも、みっきペンなので、最初はやっぱり、みっきーばかり見ちゃってました。
ダンスがエロくて
前回の(去年の)ツアーの時には感じなかったんですが、すごくダンスを楽しんでる感じがしました。
うまく言えないんですが、改めて踊る楽しさに目覚めたっていうか。
そして、全体を通して、ずーっとにこにこしてました

まだ、3曲目なのに、中盤のような錯覚に陥ってしまいました。
さすがに、10公演以上こなしてきている安定感のせいでしょうか。

MENT
名古屋ってことで、名古屋弁を使おうとしてくれてる気持ちは分かるんですが、う~ん、今一歩(苦笑)
やっぱり、食べ物の話ですよねー
「ひつまぶし」「天むす」「手羽先」
この手羽先って言う時に、手をパタパタ(羽ばたくマネ)させたのが、めちゃくちゃかわいくて。
で、もっと話が続きそうな感じだったのに、みっきーがバッサリ切って(爆)、次の曲に・・。
そういえば、水を飲みに後ろに下がるんですが、きっちり二人ずつ行くのも、演出っすか?
シナとかだと、ステージの前に置いてあって、誰がしゃっべってようと、平気でその場で飲みますよねー
なんか、すっごく気になって。

「Step by Step」

「約束」

「Begin」
この曲は、ほんとに名曲だと思います。
トンの日本の曲の中では、一番好きかも。
ジェジュンのあの綺麗な声があってこその、曲だと思う。
トンの中では、ジェジュンの歌声が好きです。
ふと、SS501コンサの時のヨンセンさんのソロを思い出してました。
透き通る綺麗な声。
ヘソンや、シアとは、また違った魅力がありますよね。

まだ、3分の1くらいなのに、すでにこんなに書いてしまって、先が不安になってきてしまいました^^;
とりあえず、今日は、ここまでで。

スポンサーサイト



Comment

お疲れ様でした♪
編集
いやいや~ほんと土曜はみかの運のおかげで素敵なひと時を過ごせたよi-237
今回のコンサで益々シア大好きになっちゃいましたわi-175
みかは殴りたいと言ってたけど
あのかわいい姿と言うかお茶目な姿、ダンスは相変わらずかっこよく、感情の入った感動的な歌声・・・v-10
確かにジェジュンの声も透き通るあの声が素敵だよねi-233
BeginにしてもLovin' youにしてもほんとジェジュンの声に合ってるしi-189
ひつまぶしもおいしかったし充実した二日間だったわv-411
ではでは又武道館の時に会おうじぇv-290
2007年06月04日(Mon) 01:01
かむりんへ
編集
お疲れっした。
今回は、ほんとに席がよかったから、楽しめたねー^^
確かに、歌の上手さは認めます。ダンスも、私はトンの中では、シアのダンスが一番好きだしねv-218
武道館が、益々楽しみになってきたね。
2007年06月05日(Tue) 21:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL